心だけじゃない体も辛いうつ病の症状

うつ病の初期症状を発見したときにはすぐ心療内科を受診しましょう

ストレスの種類

ドクターたち

ストレスの原因は人によって違いますが、種類によってはうつ病になってしまう場合があります。心理的ストレスはもっとも危険なので、症状を把握しておくと早期発見できるかもしれません。

もっと詳しく

うつ病を理解する

女の人

うつ病を発症していると様々な初期症状が現れます。ストレスが大きな原因と言われていますが、完治するためには周囲の理解が必要です。接し方を改めることで大切な人の苦しみを和らげることができます。

もっと詳しく

心のサイン

ナース

ストレス社会が問題視されている日本では、近年うつ病と診断される人が増えています。うつ病とは、心を元気にするエネルギーが不足している人のことをいい、症状がひどい時には睡眠障害や自殺願望が芽生えてしまいます。人によってストレスの感じ方や原因は違いますが、放置してしまうと身体にまで大きなダメージを与えてしまいます。発症の大きな原因と言われている人間関係のトラブルや仕事によるプレッシャーは自分で簡単に解決することができません。日ごろ、運動や趣味などでストレス発散している人は、うつ病になりにくいと言われていますが、人と関わることが苦手な人やまじめな人は発症しやすいです。仕事や私生活でのトラブルを抱えている場合でも、友人や家族に自分の悩みを話すことができれば病気を発症する確率が低くなりますが、一人暮らしをしている人や家族がそばにいない場合には悩みを抱え込んでしまうかもしれません。うつ病は自分で気づくことがとても難しく、発見したときには症状が悪化している場合があります。初期段階であれば、カウンセリングなどですぐに改善できますが、睡眠障害に至るまで悪化している場合には、投薬治療が必要になります。特に若い世代の人は症状が悪化しやすくなっているので注意が必要です。

うつ病患者に多く見られる症状の中に「疲れ」があります。普段仕事をしていると、疲れるのは当然ですが、病気を発症している場合は肉体的な疲れではなく、精神的な疲れを感じてしまいます。精神的疲れは仕事や私生活においてやる気がなく、何事にも興味や関心が持てなくなります。感情コントロールができなくなるので、急に悲しくなったり、孤独を感じたりしてしまいます。感情コントロールは人間関係やストレスケアに大きく関係しているので、コントロールができない状態で仕事をしてしまうと問題をさらに大きくしてしまいます。重度の疲れを感じている人や、感情コントロールができないと判断したときにはすぐに心療内科を受診する必要があります。

うつ病は休養や投薬治療、カウンセリングを用いて治療を行います。投薬治療に使用されている薬は、依存性がないので安心して使用できますが、使用することに抵抗がある場合には自分に合う治療法を選択することが可能です。仕事などが原因で病気と診断された場合には休養やカウンセリングが一般的に使用されます。カウンセリングでは、自分を客観的に見つめる方法で、ストレスに向き合い感情をコントロールするために必要な自立心を養っていきます。うつ病の治療を受けることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、自分では気づくことができなかった感情や性格を知ることができるので、症状の改善だけでなく今後の将来にも役立ちます。特にまじめな人は心に余裕ができ、今までとは違う楽しい人生を歩んでいけるかもしれません。
うつ病は心の病気と呼ばれていますが、脳の働きが大きく関係しています。睡眠障害や自殺願望がある人は、投薬とカウンセリングを組み合わせて治療することで治癒能力が高まります。治療で使用されている薬には、神経伝達物質の分泌を正常化される働きがあるので、症状がひどい人でもすぐに自分らしさを取り戻すことができるでしょう。仕事が原因でうつ病を発症してしまう人はとても多くいますが、社会的な認識はまだ低く、誤解されがちな病気なので、自分自身がしっかりと理解する必要があります。悩みを抱えている人や初期症状を発見した場合にはすぐ周りの人に相談しましょう。

初期症状を知る

女の人

心の病気となるうつ病を患うと、体や心に変化が現れてきます。その変化は初期症状です。早期の段階で気づくことができれば、最適な対策を施せるでしょう。小さなことにも一喜一憂するようになったときには、うつ病を疑ってみましょう。

もっと詳しく